ただの学生の日記

ただの日記です。思ったことや、考えたことを書いていきます。

わりと大学生は適職が何か真面目に考えた方がいいかもしれない

私自身は就活のときに適性を全く考慮しなかった。勤務地、給与、会社の安定性、業界にいることで身に付くスキルのみを考えていた。

 

だが実際に働いてみると、非常に苦痛で仕方なかった。そもそも自分がなりたい方向性や価値観を無視しているので、本当に苦痛。結局転職サイトを見つめる日々。

 

就活生の戦略としては悪くなかったと思う、しかし自分の人生を軽んじ過ぎた。

 

そこ、最近適職診断をやりまくっている。まあ色々なものがあって非常に参考になるのでそのまとめを今回はしてみたいと思う。

 

まずはこのサイト

 

www.arealme.com

 

まずはこれ、何度も行っているが大体同じような結果になる。

ただ途中の質問で2通りに分かれるのだが、大きく2パターンに分かれる。

(質問で甲乙付け難い問題が1題あるのだ)

パターンは次の通り(上ほどなるべき職業)

 

パターン1

・経済学者

・哲学者

・景観デザイナー

・芸術教授

・編集者

・投資担当者

・研究者

 

パターン2

・心理学者

・教育学家

・医者

コンサルタント

・専門調査員

・投資担当者

・監査官

 

次にこのサイト

http://適職診断.jp/

結果は次の通り

INFJ型の適職 | 適職診断16

適職一例

クリエイティブ/芸術

このタイプは発想力が豊かで、アイデアを形にするのが得意だ。そして自分が心から良いを思うものに対して一心不乱に取り込むので、クリエイティブ職に適性がある。これら職種は一人で作業する時間も多いため、その点も好まれる。

例えば……
画家、イラストレイター、脚本家、小説家、ライター、詩人、インテリアデザイナー、グラフィックデザイナー、編集者、アートディレクター、映画製作者、舞台美術、イベントデザイナー、商品デザイナー、DTP技術者、ゲームプランナー

教育/カウンセリング

人の可能性を開花させる仕事に魅力を感じる。洞察力に富むため、相手の気持ちを鋭く読み取り職務に活かせる。そして問題を解決したり、人の成長に手をかせると大きな満足感を感じる。

例えば……
教師、キャリアカウンセラー、産業カウンセラー臨床心理士、教育コンサルタント児童福祉司、家庭相談員、僧侶/住職、神父/牧師

 

医療/福祉

思いやりがあり、相手の欲するものをよく理解できるので、医療福祉系に適性がある。多くの人を次々とさばく仕事は好まないため、個人的に深く接する職種が特に向いている。

例えば……
NPOの責任者、社会福祉士/ソーシャルワーカー精神保健福祉士、医療ソーシャルワーカー、栄養士、管理栄養士、言語聴覚士、マッサージ師、鍼灸師、整体師、作業療法士保護観察官、ケアマネジャー、ホームヘルパー保健師介護福祉士、ベビーシッター

 

学術

物事を掘り下げて考え、複雑な概念を理解するのも得意なので、学術に適性がある。

例えば……
学芸員、研究者/大学教授(人文科学、社会科学)

 

ビジネス

ライバルを蹴落とすようなギラギラした競争心は持っていないが、目標達成への意欲は強い。相手の関心や欲求を理解するのが得意なのも強みだ。

例えば……
人事部門、マーケテイング部門、チームトレーナー、ルート営業、技術営業、顧客対応、商品プランナー、通訳/翻訳者

 

次はこのサイト

chikaku-navi.com

 

結果は(SV) 奉仕・社会貢献Service/Dedication to a Causeであった。

概要

自分の価値を仕事で実現しようとする。信念の人タイプ

価値観の形成

なんらかのかたちで世の中をもっとよくしたいという強い欲求を持ち、それを仕事の中で具現化しようとします。 彼らは自分の実際の才能や有能な分野よりも、価値観でキャリアを選択します。 医療、看護、社会福祉事業、教育、聖職など、ひとを助ける専門職に多くみられます。 人々と共に働く、人類のために身をなげうつ、民族を救うといった価値観は、 キャリアの中でも力強いアンカーになる可能性があります。

適した仕事

自分の所属している組織、あるいは社会における政策に対して、自分の価値観に合う方向で影響を与えることが可能な仕事を望みます。

給与と福利厚生

組織への忠誠心をもっているわけではないので、貢献の度合いに応じて支払われる公正な給与と、組織が変わってももちこせるポータブルな 福利厚生を望みます。 彼らにとって、金銭そのものは中心的なものではありません。

 

昇進制度

貢献度にしたがって、より影響力のある、しかも自律的に仕事ができる自由な職位へ異動させてくれるような昇進制度を望みます。

承認の仕方

同じ専門職の仲間および上司の両方から認められ、支持されることを望みます。 また、自分の価値ができるだけ高いレベルの経営管理層に理解してもらえることも大切にします。 このような支持が得られない場合、コンサルティングのように、より自立的な専門職業に移っていくこともあるかもしれません。

 

次はこのサイト

hiroshimashiki.jp

 

男性だけど気にしない。

適職は以下の次の通り。

 

人事・労務

社内情報化戦略・推進

社内SE

各種コンサルタント

ケアマネジャー

動物介護士

ペット販売士

 

次のサイトはこれ

www.shigoto-ryokou.com

 

結果は以下の通り

www.shigoto-ryokou.com

 

他に色々やったけど、大体方向性は同じ、完全に勤める会社間違ったかもしれない。

ちなみ、会社にやらされた性格診断も同じようだった。

 

あー、今さらだが本当に失敗した。

就職してから気が付いた自分のしたいこと

私は以前こんな記事を書いた。

 

wynnwind.hatenablog.com

 

だが、実際に就職してこれだけでは足らないということが分かった。

 

面白いことに、本当に人によって関心は異なる。結局私は自分の関心を捨て、条件だけで就職先を決めてしまった。しっかりonとofを切り替えられる人ならともかく、残念ながら私は常にonな人間だ(昨日久しぶりに話した親友に言われた)。自分の興味と職業が一致していないと、絶望にかられるらしい。

 

私の興味は何か、根源的なところで言えば「人の幸福」が最も重要だ。つまり、どうすれば社会を営む人間がより幸福になれるかということだ。だからこそ私は経済学部を志した。経済政策による経済成長があれば、物質的な充実は増え、より社会はよくなり、人々は幸福になると思っていたのだ。その後、大学に入り、いかに精神的な部分が重要かということが分かった。だからこそ卒論は結婚に関するテーマにしたし、心理に関する本をたくさん読んだ。

 

だけども自分の興味をすべて捨て就職したが、なかなか興味は捨てられなかった。やっぱり貧困や格差、自由やメンタルに関する本を買って読んでしまうし、働いていて、とてもつまらない。自分が社会的に存在する意義がなく思えてしまう。

 

正直、今の会社を辞め、大学院に行きたい、そして格差や幸福度研究もしくは心理の勉強をしたい、しかし、それは現実的でないし、転職も厳しい。

 

もっとしっかり就職のときに考えていればよかったと本気で思う。

社会人になって思ったこと

久しぶりにブログを更新する。はてなが少し重くだいぶ離れていた。

 

社会人になって、2カ月たったが、絶望感がやばい。そして親のすごさを実感する。

 

東京で新社会人一人暮らしは思った以上にきつかった。同期は居ないようなものだし、仕方なく高校大学の同期と電話しまくりである。

 

研修の時はともかく、配属先はいい人ばかりなのは良かった。しかし、ITに私は適性がなさそう、プログラミングが全く理解できない。そして何より会社で長期的なスパンが全く見えてこない。いやはや、条件等を考慮して決めたのだけど、ちょっとミスったかもしれない。会社自体は悪くないのだが、この若いときをここで過ごしてしまっていいのだろうか。

 

前の彼女に結婚適齢期位にあってたら良かったねとか言われたが、まさにそれに近い。もう少し若さと希望を失った後に入るような会社のような気がしてきた。

 

実際中途の人はたくさん居て、緩くていいよ、と言っているし。

 

だが自分の人生と生まれてきた意味が全く見えず、今後の人生の希望が皆無にだ。奨学金を返す前までは働くとは決めているが、守るものも、育てるものも、使命も無く、私は何を頼りにこれから生きていけばよいのか。

 

人生がつまらない。

最近思う色々なこと

ここ最近無駄に色々なことを考える。私生活は上手くいっているものの、少しずつ社会人生活のスタートが近づき、これから如何しようか。

大学4年間で理解できたものは大きい、それは苦痛や反面教師達から得られたことだ。簡単にまとめれば自分が本当にしたいことをやろう、嫌なことはどうせ続かない、そして規範や空気で人を縛り付ければ彼ら(自分がしたいことができない者)は生きないという選択をする(死にはしない、心を殺す)。

学生ならば卒論や授業などを最低限行い、好き勝手にやればいいのだが、問題はこれからだ。仕事が好きになればいいのだが、そう上手くいくか?、そして、自分がしたいことは何なのだ?

私はこれからを生きる上で、自分を殺したくはない、だが社会人になったら、生活が全て自分の責任になる、そんな余裕は出来るのか?

いくら悩んでもなにも起きない、どうしようもない。実際に歩み体験しなければわからない、だがただひたすら想像だけをしてしまう。

私は決して意識の高い学生ではない、でも実家の農地を用いて何かしたり、もしくは婚姻率に少しでも貢献できる何かをしたい、とかそんなことを思い始めている。

もちろん、これからを切り開くには最低限IT技術が必要だとは思っている、大概の場合それによって刷新が行われるだろう、そういう意味でもまず新卒で内定先で働くことは正しいと思っている。

にしても、こんなことを思うようになるなんて思いもしなかった。

湯シャンについて

ここ1年ほど非常に体が痒かった。特に、首周りは酷く、どうしようもなかった。

 

しかし、ネットで湯シャンにすると良くなる可能性が!という記事を見て、湯シャンにしたところ痒みが完全に収まった。

 

まさか収まるとは思ってもいなかったし、髪もまとめやすく割と気に入っている。(整髪料を使えないのは痛いが)

 

また、パンツをふんどしに変えた。恐ろしいほど過ごしやすい。良くなっている気配はないが、日常が素晴らしく過ごしやすい。

 

この調子で他の部位もよくなってくれればいいのだけれど。