ただの学生の日記

ただの日記です。思ったことや、考えたことを書いていきます。

消費されるペットとしての子供

今、実家に帰って来ている。しかし、あまり帰省したくはなかった。

確かに、この歳まで生きれたし、肉体的には成長したが、両親にとって生きるためのおもちゃでしかなく、まるで飼育されたペット、動物園の動物でしかなかった。

つまり、我々は両親が生きるため消費されてきた。

小学校、中学校までいい記憶が全くない。覚えていることは、反抗したら家から出されたこと、ビンタされたこと、怒鳴られたこと、常に文句を言われ家で全く心が休まらなかったこと、つーかむしろ家が恐怖だった、小学生ながら死にたいと思い包丁を手にしたが痛みへの恐怖が募り泣きながら断念したこと。

ここまで書いてると物凄く反抗的な子供に見えるが、むしろ私は糞真面目と言われるタイプの人間である。

こんなことをばかりで、ペットに人権はない。意見を能動的に言ってはならない。意見は聞かれたとき、模範解答を言わなければならない。というか、自分の意見など全く通らない、だってペットの戯れ言だぜ。なんか言えばずっと嫌みばかりだし、もう反抗する気力も無くなる、意見を言うこともなくなる。

となると、生きる道はとにかく両親に最適化するしかなかった。私が人間扱いされたのは、中学校入学後、塾に通い始め成績が比較的校内でも良いと言われるようになってからだ。ここに来て、やっと条件付き愛情を感じるという皮肉。

この違和感に気付いたのは、大学入学後、実家で意見が通ったときの違和感だった。よく考えればまともに意見が通ったことないし、まさか意見が通るなんて!と思ったのだ。

はっきりいって私は両親を尊敬していない、むしろ侮蔑している。子供を無視し、現実を無視し、おもちゃとして子供を飼育してきた人間に何も思わない。

大学時代、機能不全家族の本を実家に送りつけ、かなり険悪になったが、母から出てきた言葉は私も辛かったという言い訳、あげく父は怒鳴り全く話を聞かない、私は悟った、ああこいつらは本当に自分のことしか考えてねぇと、だがら押し付けがましい他人の欲求や意見を考えない援助が多いのかと。その後も父は全く理解を示さず、何かあれば必ず怒鳴る。私か父が死ぬときに恨み辛みを書いた手紙でも送りつけようか思っている。

大学時代で何とか克服したかと思ったけど、社会人として働いてみて、まだまだ呪縛の中にいると思ったのであらためて考えた。

まずは、抑圧された自分の感情を取り戻したいな。

休職しろと診断が下った

先程、精神科にて一旦お仕事休職しようか、と言われ、診断書を出すと言われた。

今回は思ってることを言えたのだけど、ちょっと不味いね、とのこと。

薬も出されなかったし、先の不安を色々言ったら今は先のことを考えるより、休もうか、とのこと。

医者にいってなんだけど、たぶんこの会社にいる限り、よくなることはないんだと思う。


ただ、帰りながら2つのことが頭に浮かんだ。今まではボーナスをもらうまで辞めない、と思ってたけど、もうボーナスとかどうでもいいや、ということ。

もうひとつが0になったこと。最近何故自殺したくなるか、と考えたときに、グラフを考えると分かりやすいと思ったのだ。つまり、横軸に時間をとり、縦軸に幸福度をとる。今まではいくら時間が過ぎても常に幸福度がマイナスにあり、結果的に負の面積が増加するだけなら、死んで負債の増加を0にしてしまえば良くね?と、そっちの方が合理的やんけ、と考えていた。

でも診断書をもらうことになり、今の地点の縦軸の値がマイナスから0になったと思った。

正直、休職しましょうと言われたとき、マジかと思ったけど、客観的に見ておかしくなってんだろなあ。木曜に大学の同期にお前は本当に消えそうで怖いと言われ、熱心に風俗に誘われ、奢られ、初めてそういう店に行った。向こう的にはかなり自分のことを励ましてくれてたんだと思う、そんな額奢られるとは思わなかったし、向こうからすると少しでも生きる喜びを伝えたかったのだと思った。結局ハグしかしなかったけど。

思いだすと、他の大学の同期にも毎回会うたびに様子が変だと言われてたし、家族にも無理するなと言われ、姉には様子変だし早く辞めろと言われていた。

高校の同期にも電話越しでお前大丈夫か?と何度も言われていた。

今までの自分を見ていた人からすれば、十二分に壊れているのかもしれない。

働いて思うこと

最近働いてて思うのは、本当に会社をやめて海外にでもいった方が良いのではないかと思うこと。

実家とは交渉し、退職した場合、一定期間の居候は一応okとしてもらった。

にしても、日本の労働環境は本当にややこしい。

まず、労働市場そのものが硬直的で、転職が難しい。挙げ句、社会福祉が正社員という雇用体系に依存するので、一度落ちたら大きな金銭的ダメージを負う。

次に、仕事に対してもそんなに誠実ではない、近年の製造業を見ればわかるが、不誠実だ。個人的に本日、顧客との打ち合わせ(といっても聞いてるだけ)で議事録を作成したのだが、上司に「自社に不利なところは聴いてない、もしくは覚えていない、感じで議事録を作り、確認時に言われなければ向こうの責任だ」みたいなことを言われて本当に悲しくなった。本当に悲しくなった、なんやこれと、そんなんだったらは正直厳しいので日程と金銭を増やせと言えばええやないか、なんやねん。

さらに、日本人的コミュニケーションが余計に面倒さを増やしている。つまり、自社内でのコミュニケーションは空気を読む、と言う感じですごくたるい。これは昔から日本人的コミュニケーションが苦手だったのもあるけど、空気読んで意識の齟齬が出来て業務がうまくいかなきゃ本末転倒だろよ、第一役職に限らず人はミスするし、なぜに新人、というか年長者の意見が正論になり、年下がミスの要因に絶対なるかね、論理がない。

帰り道のスーパーで思うこと

飲み会の帰り、スーパーによった。
お茶と何カ月ぶりかのアイスを買った。

そして思うのだ。私は消費させられるために生きているな、と。

今目の前に畑はない、自らが食する食物の成長し、いきる姿すら、目にすることは許されない。

スーパーには調理された、つまり、皮を剥ぎ、血を抜き取られ、切り刻まれ、挙げ句揚げられたり焼かれたした、動物の死骸が並ぶ。

もはや米すらも生命を感じない、本当にこの米は稲穂であったのだろうか。

ふと、ニュースサイトを見れば人の不安を煽った詐欺紛いの広告ばかりが目にはいる。

しかし、社会に溶け込んだ人間はお金という財を用いて、これらを買わなければ生きていくことは出来ない。いや、むしろこれらを買わなければならないと思っている。

これだけの商品たちが本当に必要なのだろうか、私が、あなたが、選んだその商品には一体どれだけの屍と苦労が詰まっているのだろうか。本当に痩せると思ってこの商品を作ったのだろうか。

疑念を抱かず、流されることによって、生きることを我々は期待され、強制されている。

久しぶりの同期会

本当に久しぶりに大学時代の同期達のと飲み会があった。それぞれ社会人になってたり、院の進学が決まったり人それぞれだった。

そして何より感じたのが、例え新社会人と言えど、結局個人ベースによるよね!、というお話だった。

つまり、新社会人、とひとくくりにされようとも、やってることは違うし、会社の待遇、回りの人間、皆それぞれ違うのだ。

今回のメンバーは銀行とITの2業界しか居なかったけれども、本当に会社によるなぁ、としか言えなかった。

そして、結局社会人という概念は、各個人の常識という妄想によって形成される、都合の良い概念だなぁ、とも思うのであった。

ここまで個人によってベースの異なる言葉を社会人という単語に集約するのは恐ろしいとも非常に感じる。結局、社会人という言葉は、他人を都合良く縛り付けるときにしか使われていない、そうとしか思えないのである。

それと同時に、私は今まで働くという言葉、社会人という言葉に強く縛られていたことを身をもって知った。

つまり、働くということ、そして社会人とは、常にしっかり、ちゃんと、していなければならず、ミスをせず、常識的なマナーを身につけ、自分の賃金以上の働きをする、そう、あるべきだ、そう考えていたのである。

だからこそ、私にとってチャレンジは死を意味した。ちゃんと、しっかり出来る道から外れたならば、あるべき人間の形から外れ、もう終わりだというように考えていたのだ。今大学時代のバイトを選んだ理由を考えると、全て出来そうか否か、それしか考えていなかった。

そういう基礎概念が染み付いていたため、会社も穴場を狙った、のだった。

そういうことに気がつき、かつ現実を直視し、社会人の現実を目の当たりにすると、社会人とは意外と緩いということに気が付いた。そらそうだ、つねに100%生きることが出来る人間など、いったいどれだけ居るのだろうか。社会人になって思ったが皆ミスはするし、伝達ミスだって普通にする。

字が汚い、服装がなってない、電話の言葉使いが悪い、と自分のことを棚にあげてのたまう社会人は多い。そして、あげく叱られる内が花という。もし叱られればそんなふうにはならない、捉えて良いならここ数年の新人を除き、80%は叱られていない、ということになるんですが。

今まで色々な欲から逃げてきた、その理由が良くわかった1日でした。