休職から復帰した社会人の日記

ただの日記です。思ったことや、考えたことを書いていきます。

親に対する感覚

幼少時代、基本自身の意見は全て否定されてきた。なにかを言えば言い訳だの、屁理屈だの、肯定されたことはなかった。

機能不全家族という本を送りつけたり、姉が精神疾患にかかったり、色々あって、母親はそういうことが減ってきた。けれども、中々父は変わりそうになかった。でも、最近になって、父親も無駄に否定したりすることが減ってきたのがわかる。

ただ、これは本人たちが変わった、と言うわけではないようだ。姉は精神疾患にかかってしまったので、両親は何も言えなくなった、と言うのが正しい。私は実家にいなかったので知らないが、錯乱したり、失踪したり、大変だったそうだ。その頃姉は母に対する怨み言を言っていたりしていたらしく、それもかなり両親の今の対応に影響したであろう。

私も大学時にかなり強めに親に抗議をした。結局期待してきた自分がバカということがわかり、色々割りきるようにした。たが就職後明らかに病み(原因は仕事とアトピーの両方だけどさ)、それで少なくとも父親は対応を変えたのだろう。

なんつーか、これからどうなるのであろうか。
3人姉弟だが、長女は結婚したが、次女は精神疾患&アトピーのフリーター。

次女をここまでにしたのは明らかに親の責任なんだ。長女のアルバムはあるが、私と次女のアルバムは無い。嫌みばかり言われていたし、ずっとステロイドを安易に使う医者に通わせ続けられていた。

親が生きてるうちは食うに困らないとは思うよ。でも、今後次女のQOLは上がる見込み無いよ。アトピーの悪化(もちろんすでに重症、今でもガンガンステロイド使ってる、身体中湿疹だらけ)、加齢、両親死後の経済的困窮、もう悪いけど詰みそうだよ。

錯乱したり、失踪しないだけまし、確かにそうだ、だが、次女の人生はどうなるのだろう。

結局、親と子は別であり、今まで行為は親の自己満足であり、子供のことを真に考えた対応じゃなかったんだ。ただのサンドバッグたった。

そして、今でもサンドバッグなのだ。本来なら今後を本気でどう生きるか考えて行動しなきゃならん。でも、親も次女も、そんなことする気ないのよね。

今まで子育てを疎かにしてたぶんのツケが一気に回って来た感じた。

平均寿命的に最大で約15~20年は現状維持か。 その頃には姉も50近くなる。

私が今の姉なら即東南アジアで農業に従事しようと行動するだろうになぁ。何故本気で生きないのだろうか。あんまり人のこと言えないけどさ。

アトピー精神疾患どちらにも効果あるし、結婚の可能性もグッと上がる。

さてどうなるのやら、そうはなってほしくはないが。

世の中に生きる価値はあるのか

社会は搾取で成り立っている。

大手企業は中小企業から。
正社員は派遣社員から。
派遣社員はバイトと日雇いから。

アメリカは日本から。
日本は東南アジアから。

一見、ただの善良な市民に見えても、我々はいずれかに属し、間接的に搾取をしている。

物が異様に安く買えるのは、物価水準の差よりも、東南アジアの劣悪な労働環境で働く人々がいるからだ。

大手企業が高い賃金を得られるのは派遣やバイトの低待遇があるからだ。

そのうえ、人は他人の人生を奪っておきながら、全く気にしない。

人を殺すことは悪い、日本人なら少なくとも8割は同意するだろう。

だが、お前は、私たちは、人を殺していないのか?

私たちは誰かの人生を奪いながら、生きているのではないか?

確かに刃物や銃で殺してはいない。でも、間接的になぶりごろしているのではないのか?

それを格差として容認するのか?
自己責任と言うのか?

壊れゆく価値観

最近自分が壊れていく感じがよくわかる。この、壊れるとは鬱になる、とかではなく、自身の価値観、特にモラル感が無くなってきている。

病苦の中で生きていると、何故に自分が、と考えてしまう。そうすると、ただ日常の幸せを享受している他人に対し、異様なほどの嫉妬的感情が湧く。が、これは今まで私がそういう立場に立たされることがなかった故に感じてこなかった感情であり、私の場合病苦が要因だが、何でもそういう要因にはなり得るのだ。

と、すると、私は感覚的に、色々なところで大小様々な犯罪が起こってしまう、ということが理解できてしまう。

何故起きたのだ、となったときに、心情から肯定はしないが、理解はできるのだ。そして、そういう社会も悪いよね、と考えるのだ。

自分が同様の感情を後20年抱き続けたら自らを絶つか、世の中を壊そうとするか、いずれかをしてしまう気がする。

それと同時に自分の生についての価値観も変わってきている。日々生きる意味があるのか、と感じていると、今の日本社会にいる意味がトコトン無くなっていく。

病気のことを考えれば、日本にいるのは得策ではない、東南アジアがよい。頭では理解しているのだ、生きる意味を感じない日本にいて何なのだろうか。

それだけではない、私はやはりここが好きではない。割りと人生いい思いでは少ない。

たまに調子が悪いと実家に対する憎悪が涌き出るし、当て付けをしたくなる。というか、憎い。でも、そこまで徹底できない。が、もう名前は捨てたい。

押さえつけられる日々、病気の事だけを考える日々。憎しみを育てる日々。

何だかな日々である。

やっぱり音楽はいいよね、という話

日々の数少ない楽しみは音楽だ。

やっぱり音楽はいいよね。

振り返ると音楽を聞いていた期間、というのは長いのかな。とか思った。

幼稚園のときにエレクトーンを始め、数年で辞めたけど、ずーっと、音ゲーをしていたし、何も聞いていない期間というのは割りとない気がする。

ただ聞くのが好き、それ以上でもそれ以下でもない。癒しというか、救いというか、良いものだ。

いつも洋楽を聴いているのだけど、如何せん英語が何となくしかわからない。それに日本語にしてしまうと本質的には意味が変わってしまう。言語、文化的な背景も知らないと、歌詞を味わうことは難しい。

でも、何となくでも歌詞に共感できたり、善し悪しはともかく今の自分だなぁとか思ったり、そんな瞬間が感情を思い出させてくれる。


Diplo - Stay Open (feat. MØ) [Official Lyric Video]


MØ - Nostalgia (Official Vertical Video)


twenty one pilots: Ride (Video)


twenty one pilots: Stressed Out [OFFICIAL VIDEO]

最近はこの辺りをよく聞いている。ただ、これらを聞いていると、自分自身がそれほどの愛を受けて育ったとは思えなかったり、もしくは歌詞みたくタラレバタラレバ言ってるだけのように思うのだ。いや、一応労働者としてお金は稼いでますけどね。気持ちは近い。

日々思うこと

毎日会社に行って仕事はできている。以前に比べれば良し、なのだろうが、日々なんだかなぁ、と思いながら生きている。

基本的に行動規準としては以下の2つがある。

1.病気(アトピー性皮膚炎等)

2.生き甲斐

単純にこの基準に合わせると、今の私はしたいことと違うことをしているのだ。

病気のことを考えれば、肉体労働への転職、特に日焼けする職への転職、沖縄、東南アジア等への移住が正しい。

生き甲斐のこと考えたら、転職が正しい。

今、生きながら死んでるのだよね。

毎日病気のことを考え、仕事の意義を考え、生きてる意味があるのかと考えながら、今死んでも思うことがない、寧ろ人生における総効用が毀損せずに終えられるから、それはそれでいいんじゃね、とか思いながら生きている。 割りと何とか持ちこたえてるという感じだ。

たぶん、回りからすればそこまで思い詰めてるとか思いもしないだろう。病気による苦痛は体験しないとわからない。何か自身を危機にさらせばそこまでの理解が得られるのだろうか、と思うが、別に理解されたところで何もない。

一応、3年はここで戦う、と決めたけど、まあ、効率の悪い戦い方、勝ち目の薄い戦いは、しんどいしやる気でねぇよね。