読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ただの学生の日記

ただの日記です。思ったことや、考えたことを書いていきます。

恋愛について

恋愛と依存と無償の愛

今現在私は恋をしている、とても大好きな人がいる。何故好きか、ある程度言語化は出来るが、完璧には説明出来ない、だってただ好きなんだもの。一緒にいた期間は短く、約一か月程度、しかしながらとても濃い一か月で、より相手のことを好きになってしまった。…

恋愛において引きずるから次に行けないとは

一度目の恋愛、二度目の恋愛、ここには大きく差がある。但し、ここでいう恋愛とは正式にお付き合いをし、比較的長期的関係を保てた場合のみを示す。 まず、一度目の恋愛の最大の特徴、それは全てが初めてだ、という点に尽きる。初めてのサンプルなわけで、全…

略奪愛における自己保身

略奪愛、というわけではないのだが、それに近いものが身近で起きてしまった。 私自身男子校出身で、大学でもわりと穏やかな人たちに囲まれていたのでリアルタイムでそういう事態を見るということは今までなかった。正直そこそこに衝撃である。 別に私はそう…

私にとっての親密な関係とは

親密な関係、言い換えれば深い仲であろうか。私にとっての親密な関係とは、お互いが依存せず、対等であり、お互いが何でも話すことが出来る関係、というように考えている。あえて依存性をいれたのはよく恋愛依存が見られる(周りを見て)からであり、それはた…

アダルト・チルドレンと恋愛

私はアダルトチルドレンであった可能性がある。そもそもアダルトチルドレンってなんじゃと思う人もいるかもしれないが、たまに間違った誤解を持つ人がいるのできちんと定義を引用しよう。 ----- アダルトチルドレンとは、機能不全家庭で育ったことにより、成…

恋愛と経済学

恋愛に関する本は多くは心理学による本が多い、しかし個人的には経済学を用いた本(もしくは題材にしている本) が非常に参考になった。特に有効であったのは以下の二冊であった。 セックスと恋愛の経済学: 超名門ブリティッシュ・コロンビア大学講師の人気…

昔の恋人を思い出すということは何なのか

過去の記憶を思い出すということはきっと誰にでもあるだろう。特に、過去の恋人との記憶を思い出すということは失恋後多々あるだろう。 そしてこのような行為はよく「引きずる」と言われる。私はこれを引きずるとは認識しておらず、他人にそのように言われる…

最近思う、私が恋愛において求める人物概要

ちょっと一時的に恋愛異常に陥っていたせいか、少しどんな人がいいか、と思うところがあった。 私はそもそもとしてなりたい一定の型、というか目指している、タイプの人物像がある。 端的に言ってしまえば、歪みの少ない人物であり、幸福度が高い人間である…

大人になりたい。

恋はドーパミン、いかに継続的にドーパミンを出せるか、もしくは一切出さないかが鍵。出たり出なかったりすると、それこそ感情に揺れ動きが発生する。恋ではないか?、と肯定的に思えている瞬間は別にいいのだけど、これダメだ、とかやっぱり合わないな、と…

恋愛感情の揺らぎ

恋は精神異常であるけど、ふとしたことで冷静になる。その瞬間は自分の感情に対する疑問が大きくなったときや冷めたとき(私にはこの感情はわからないが)などであろう。今、私が冷静になるのはやはりその感情が幻想の上にある感覚がする、つまり自分の感情に…

恋という病か否か判別法

「気になる人がいる」、「好きという感情を他人に持っている」そんな恋という病を患っているとき人はドーパミンがガンガン出て、ある意味精神異常の状態である。 でも、どこで恋の線引きをすればいいのか?長いこと思っていた。確かに身近に好みの人や気にな…

恋愛の始まり方

段々歳を取るにつれ、恋愛の始まり方も変わる。小さい頃は「好き」という感情を元に行動する人が多いが、段々とその感情が薄れていく。 では歳を取ると、どんな風に始めるかというと、それは「気になる」とか「それっぽい」「付き合ってもいい」とか何となく…

最近思う恋愛感情

ここ数か月、恋愛から距離置いている。 周りで色々あり、青春を謳歌していると思うことはあれど、そこを歩む気分には成れない。 そして、やっぱり意識的にそこから、恋愛から、離れているのかもしれない、とつくづく感じるのだ。多くの場合、恋愛は別れに繋…

恋愛感情を引きずるということ

よく色々な場所に遊びに行ったりするとき、当然として昔のことは色々と思いだされる。結構こういう事あったなぁ、と言うのだが、その回数が多いのか相変わらず引きずっていると言われる。 個人的には会話の中で他人との体験をネタにするというのはよくあるこ…