ただの学生の日記

ただの日記です。思ったことや、考えたことを書いていきます。

私の就活2(企業の探し方)

前回はどんな風なスケジュールで動いたか、そしてその結果を書いたんですが、以下の記事で書いた戦略を実行するには、企業の情報収集が非常に重要だったりします。

 

wynnwind.hatenablog.com

 そこで、企業探しの上で、利用したサイトや本等を記憶にある限り上げたいと思います。(私の希望業界、職種は市場調査業界、SEでした。)

 

新卒サイト

リクナビ、キャリタス、マイナビ、あさがくナビ、ツノル、offer box、jobrass、iroot

 

その他サイト

日本マーケティング・リサーチ協会、日本情報システム・ユーザー協会、みんしゅう

 

就職四季報2016年版、就職四季報優良・中小企業版2016年版、日経業界地図

 

エージェント

シンクトワイス、キャリタスエージェント

 

各種企業のHP(グループ企業探し)

 

大学のキャリアセンター(の過去の求人情報)

 

こんなもんで全部な気がします。

 

私自身は市場調査とSEで迷っていたのですが、結局SEの方に絞りました(文系なんだけどね)。そこでユーザー系の会社を探すために、日本情報システム・ユーザー協会の会員企業とか4月上旬に見始めましたね。会社によっては自社サイトからのみとかの企業がありました(応募はしなかったけど)。文系からSEを目指す人は特に志望企業が他人と被りますし(銀行系や生保・損保系とかが狙われ易く、実際に同じ人に5回あったこともある)、結構この協会のHPは参考になると思います。よくまとめられているユーザー系子会社一覧とかには載っていない会社も沢山載ってますしね。

 

逆オファー系も知らない企業と接触できるのでとても有意義です。意外と超大手食品メーカーシステム子会社が利用していたりするんです。(例えば、逆オファー系で閲覧履歴があった企業の説明会にリクナビから行ったら16満員中、9人位しかいませんでした。金融系と違い、意外と人が集まらないみたいですね。)

 

エージェントさんもシンクトワイスさんとかは結構よかったです。本当に知らないけど強みを持っている企業を紹介していただけました。(面談後内々定頂いたので利用しませんでしたが…)

 

ただ、比較的ニッチで穴場な企業も時が経つにつれ、枠が埋まってどんどん倍率が上がります。就活シーズンに入る前に徹底的に調べておき、初期から狙うことをお勧めします。