ただの学生の日記

ただの日記です。思ったことや、考えたことを書いていきます。

私の就活5(就活での最重要の軸)

就職活動をしていてとても印象に残っていることがあります。

 

あるエージェントさんの面談に行ったとき、個別ブースで面談をしました。1つの部屋にいくつかのブースがあり、その1つでやる形式で、担当の方が一旦席を外した時、他の面談の様子が見えてかつ、聞こえてしまったんですね。

 

そこにいた学生は広告、航空?等複数の人気業界をバラバラに受けているという感じで、よくよく聞くと何がしたいかようわからん、という主旨の発言をしておりました。

 

そう、この学生は自分の軸がしっかり定まっていなかったのです。軸が定まっていないとスタートも遅れますし、効率も悪く、内々定後の満足感も低いことは明らかです。でも、その学生は定まっていなかった。

 

実はこの軸を定めることって、就活をする上でかなり重要なことな気がします。でも、就活セミナーとかは、GDや面接等の採用試験の対策ばかりで、あんまりこのことに関しては言いませんよね。

 

じゃあ、この就活での軸はどう発見すればいいのか。よく自己分析をしろと言われますが、わざわざ本を買って行う必要はあるのかな、という感じです。小学校からの記憶を辿ろうと自分自身は変化してますし、私は一応本を購入しやりましたが、ほとんど役に立ちませんでした。

 

結局私は「自分自身にとっての幸福について深く考えること」でその軸を見つけました。人生の目的は何か、それは端的に言ってしまえば幸福になることであながち間違っていないと思います。しかし、その幸福の感じ方は様々であり、自分にとっての幸福がわからなければ、何をすればいいかもわからないのは当然です。自分の求める将来像が自分の幸福感に合致するだろうという自信があれば、迷わず就活を突っ走ることができると思います。大学生にでもなれば1度は考えたことがあると思いますけど、私みたく失恋等のきっかけがないと考えない人も中にはいると思うんですが、どうでしょう。

 

まあ、こんな方法を用いる必要もないですしね。ある友人は社会的ステータスがほしいという理由で、メガバンク、大手証券国家公務員等を狙っています。私には理解できませんが、そういう発想をする方もいるということです。

 

とにかく、就活の軸を早めに決めておくということは非常に重要です。そしてその軸は人により異なります。だからこそしっかり前もってぶれることがない軸を確立しておく必要が大いにあります。