ただの学生の日記

ただの日記です。思ったことや、考えたことを書いていきます。

某パン工場でのアルバイト

ネットでブラックと有名な某パン工場でアルバイトをしてきた。実働時間は10時間前後、夜勤なので給与もよく、1回入るだけで1万以上稼ぐことが出来る。

 

だけど、ちょっと舐めていました、めっさきつい。運動経験がほとんどないヒョロガリ男子が応募すべきではなかったわ…。

 

まるで、中高時代の持久走のようで、正直あれよりも辛かった、おかげで今は風邪気味です。

 

いくつか思うことがあるとすれば、

 

1.アルバイト面接時に最低限の身体測定や体力測定を行うこと導入すること

2.アルバイトにも軍手でなく、分厚いオーブン用手袋を貸し出すこと

 

この2点を行うだけで定着率が大幅に上がるのでないかと思った。私が配属された所は慣れた人曰く、大外れの場所だそうで、特に体力のない私にはまともに勤めることすら難しかった。面倒とかじゃなくて、生産効率的にアウトな部分もあったし、本当に倒れるかと思った。

 

適材適所をするほど余裕がないのか、短期バイトだからそういうとこに配属させられたのはわからないけど、私には向いていないようなので二度とやらないことだけ誓った。