ただの学生の日記

ただの日記です。思ったことや、考えたことを書いていきます。

恋愛感情の揺らぎ

恋は精神異常であるけど、ふとしたことで冷静になる。その瞬間は自分の感情に対する疑問が大きくなったときや冷めたとき(私にはこの感情はわからないが)などであろう。

今、私が冷静になるのはやはりその感情が幻想の上にある感覚がする、つまり自分の感情に疑問が発生するからだ。そして、趣味や趣向に違いがあるときやっぱり合わないのでは?とか思って冷静になる。

現代社会でよく使われる言葉に多様化という言葉がある。テレビが世の中を席巻し、皆が流行に乗ろうとしていた時代は多様性とはかけ離れた時代であろう。しかし、現代では個人の趣向が大きく異なる、そのため昔に比べズレが大きくなる。細分化されている分1つのコミュニティも小さくなる。

もちろん、何をもって合う合わないを判断するの難しい、しかしある意味で話題が統一されていた時代に比べ現代ではやりにくい部分もあるのでは?とか思う。趣味が合わないよりは、合う方が自分の感情に疑問は持たないだろう。

確かに恋の病にかかりかけているが、ふと冷静になり常に感情は振り子のように動き続けている。少し恋愛を重くとりすぎているのか知れない。

それにつけて、個人の多様化を埋めるという点でアメリカでオンラインデートが増え、結婚者の3分の1がそういう経路を経ているというのも納得である。よりあった人間を探索するには明らかにそちらを使った方が合理的だもの。

日本でもそのようなサービスは増えているし、もっと一般化していくのかな。でも自分がその市場に参入する気にはなかなかなれないのだった。

とりあえず今はこの揺らぎをよくよく観察しなければならない。