ただの学生の日記

ただの日記です。思ったことや、考えたことを書いていきます。

自分の音楽に対する趣向

最近、あることに気が付いてしまった。それは自分の好きな音楽のジャンルだ。今更感はあるが、私はそれを気が付いていないように振舞っていたのだ。

 

私は小学校の頃にポップンミュージックという音ゲーにはまり(家庭用です)、中学から高校あたりまで一貫して音ゲーをやっていた(少しビートマニアも齧った、どちらもアーケードスタイルコントローラーをお年玉で買ってやったのは懐かしい)。最近洋楽(主にEDM)ばかりを聞いていたらとてもしっくりくるので、ふと自分の音楽に対する趣向はどんなものだろうか、と考えてしまったのである。

 

音楽に対する趣味趣向はそれまでに自身が聞いてきたものに大きく左右される、そんなとき小中高と音ゲーの曲ばかり聞いていた人間が好きになる音楽が「EDM」というのは物凄くしっくりくるのだ。

 

そう、「合唱」は自分の好きな音楽ではない、ということに気が付いてしまった、何という今更。私はただコミュニティにしがみ付いていただけなのだ。(もう少し選曲の自由さがあれば大きく変わっていたかもしれない、なぜポジティブな曲がそんなに少ないのか)

 

正直もう辞めてもいい頃合いかもしれない…。