ただの学生の日記

ただの日記です。思ったことや、考えたことを書いていきます。

恋愛において引きずるから次に行けないとは

一度目の恋愛、二度目の恋愛、ここには大きく差がある。但し、ここでいう恋愛とは正式にお付き合いをし、比較的長期的関係を保てた場合のみを示す。

 

まず、一度目の恋愛の最大の特徴、それは全てが初めてだ、という点に尽きる。初めてのサンプルなわけで、全く勝手もわからない中、お互いに様々な模索をしてゆく。また、恋愛における恋人関係というのは、最も他人のことを知ることが出来る関係性であり、それまで居た親友や家族より、場合によっては深い関係にもなる。

 

そして、この一度目の恋愛を体験した後、不幸にも次の恋愛をしなくてはならないとき、その体験が大きな足枷となることがある。そう、引きずってしまうことによる悪影響が発生する。

 

全ての初めてであり、今までで最も深い関係になった相手を失ったときの悲しみは計り知れない、まして奪われてしまったとき、その対象群に対する恨みは想像しがたい。だが、そこでずっと悲しみ続けてたところで一体何を得ることが出来ようか?相手にその心情を見透かされ、運悪ければ、体よく利用されるだけである。きっとその瞬間は満たされるのかもしれないが、そいつはただの屑である(ああ、恋愛異常とは恐ろしい)。

 

確かに心では中々きついものがある、しかし、そこから脱出出来ることは出来るのだ。但し、その過程を一度目の恋愛と混同してはいけない。

 

残念ながら、やはり初回というものは特別である。今まで真っ白だった自分が、真っ白だった相手を染めて染められる。だが、二度目は色が残ってしまっている。

 

日常で少し歩けば思い出がたくさん甦る、あれほど自身を理解してくれる人はもう二度と表れない思い、将来を悲観し、絶望に伏す。そして昔のことを思い出し、空想の中に日常を見出す。そして引きずっている、と言うのだ。

 

二度目の恋愛は、一度目と違い、その色が残っている状態から始まってしまうのが常なのだ。だからどうしても比較したり、思い出したりしてしまうだろう。

 

もちろん、時の経過は素晴らしいもので、その色は段々と薄くなっていく、でも真っ新になるなんてこと、無いのだよ。

 

もうその色を消すためには、新しい色で重ねるしかないのだ。常に薄くなってゆく色に、常に新しい色を継ぎ足し重ねていく、これしか方法はないのだ。

 

きっと始めのうちは色が残っているから色々思うことがあるだろう。比較してしまったり、思い出したり、でもそれは少しずつ減ってゆくものなのだ。

 

そんなもう染まりきって薄くもならないし、色も重ねられない、というならば、まずは同じ密度と期間で塗っていくことを許容してほしい。きっと染まるからだ。

 

それは悲しいことに思えるかもしれない、でも恋愛に限らず、人間はそうして生きていくのだ。