ただの学生の日記

ただの日記です。思ったことや、考えたことを書いていきます。

陰嚢湿疹と泌尿器科

物心ついたころより、陰嚢湿疹に悩まされていた。基本陰嚢は痒いものだと思っていたし、いつもパンツは汚れていた。常に傷だらけなので授業でプールに入るときは本当に嫌だった。

 

段々歳を取るにつれて自分の症状がいわゆる「陰嚢湿疹」というものだということ気が付いた。皮膚科に行き、菌の確認をしてもらい、いないのでアトピーだろうと診断されれ、ステロイド系の塗り薬をもらった。

 

陰嚢湿疹を知っている人はわかると思うが、全く改善はされなかった。というか、十数年悩んでいるのに簡単に治るわけなかった。もちろん、季節によっては楽な時期もあるのだが、1つ問題が起きた。

 

そう、恋人が出来たとき、非常に何とも言えないのである。男子校時代とか無関係だったわけだけど、もう無視することは出来ないのだ…。

 

まあ、現在はどのみちいないのだけど、最近ひどいのでまた調べていたら、あるブログで排尿障害との関連があるのでは、と書かれていた。

 

そこ、泌尿器科にいったところ、膀胱?だかはわからないけど、明らかに異常があった。

 

とりあえず、薬をもらったので、どうなるか楽しみである(薬剤師曰く、即効性ではなく、じわじわと効くものらしいが…)