休職から復帰した社会人の日記

ただの日記です。思ったことや、考えたことを書いていきます。

入社してからの遍歴まとめ

わりとメンタルかヤバイ気がするので、メモもかねてまとめてみたいと思う。

4月
理不尽に怒鳴られることの辛さを知る。研修に沢山飛ばされ今後に不安になる。社会の理不尽さを知った。ビジネスマナーとか建前ばかりで先輩社員や年配社員が気にしておらず、結局新入社員洗脳のためのものだなと感じる。たが、睡眠はしっかりとれ、特に何も問題は起きず。

5月
いわゆる五月病にかかる、研修に沢山飛ばされ今後、特に技術面に強い不安を感じる。また、配属部署の実態を知り、失望するが、頑張ろう、という心持ちはまだあった。とりあえず、ITパスポートの取得に成功。

6月
五月病を引きずる。このころから目が死に始め、久しぶりにあった同期に心配される。この時期から異様に早く目が覚めるようになり、涙脆くなる。姉の結婚式に出て、実家から今の家に戻ってくるとき、精神不安定過ぎて電車内て涙が止まらなくなる。度々家で一人で泣くなどする。

7月
友達の薦めもあり、恋人作るために活動をする。7月から9月の間で活動しようとするが、気力がなく先送りにする。その代わり英語勉強にいそしみ、アフリカの同世代が「未来は希望に満ち溢れてるぜ!」みたいなことを言ってて超絶驚く。


8月
恋人を作るための活動をする。しかし、成果は出ず、気力がなくなり諦める。とりあえず基本情報の勉強を始める。


9月
退職を通り越して消えてたいと思うようになる。しかし、土日にはカフェで本を読むなどの気力がギリギリあった。まともな残業を始めてする。まともに仕事したのここが始めてかもしれない。


10月
もはや勉強すらしなくなる。ほぼノー勉で基本情報試験を受ける。久しぶりに大学の同期に会い、めっさ飲む。そこでかなり精神状態が悪いことに気が付かされる。無気力になり、1週間シャワーすら浴びないということを3回行う。職場で臭いと言われそうだが最早どうでもよくなる。夕食を一緒に食べた父親に汚いと言われる。わりとメンタルが本当によろしくないのでは?と本気で考え始める。⬅イマココ