休職から復帰した社会人の日記

ただの日記です。思ったことや、考えたことを書いていきます。

死があるという安心感

人生を急ぎすぎていたと同時に常に恐ろしい不安があった。しかし、今日あることに気が付いた。

最終的には皆平等に死が訪れる。

死は孤独か、否自然への回帰であり、あらゆる苦に対する最後の救いだ。全ての人間に与えられた唯一のセーフティーネットなのだ。

私は結局死ぬのだから人生無駄、と言いたい訳ではない。むしろ、私達はいつかは死ぬことができるから、毎日を生き抜くことができるのだ。

もし病気になって、恐ろしい苦しみを味わうことになったとしても、いつかは死を持ってその苦しみは取り除かれる。いくら貧困に喘いでいても、いつかは死ぬことで救われる。人間のあらゆる事象に対して、自然は死という生命における根本的な方法を持って人生に対する責任を取ってくれるのだ。

どんなに恨まれようが何されようが、死んだ人間をどうすることなど出来ようか。

そう考えると、とても安心したのだ。人生これから苦難が色々あるだろう。でもいつかは死ぬことができる、だからこそ生きることができる。

安らかな死を目指して生き抜くのだ。