休職から復帰した社会人の日記

ただの日記です。思ったことや、考えたことを書いていきます。

風邪引いた

風邪を引き、有給消化でお休みをとったので、久しぶりに色々思い返していた。

去年の同じ時期に比べると、色々悟ったのもあってかかなり安定している。

去年、確か記憶が正しければ、ゴールデンウィーク?から実家に帰ってくるとき、電車内で泣いていた。

何が違うって、業務に対する理解と仕事の方向性、そして、自分に対する期待と責任感を取ったことだろう。

経理は方向性も分かりやすいし、日本語で理解がしやすい。それに業務で教わることが積み重なる。

未経験者がIT業界に入った場合、普通は基礎作りのため特定の技術を学ぶらしい(大学や会社の同期曰く)。

ある同期はJavaを、別の同期はLinuxを、別の同期はC#を年単位で学んでいたらしい。

でも去年を思い返すと、色々なものを、小間切りでやらされた。

ある程度基礎力があるならそれで正しいのだけれども、新卒文系にそれは酷だったのだと思う。基礎力があればそれでも積み重ねになるけど、基礎力がないと積み重ねにならないのだ。

早く言えば毎日別の科目も勉強させられる感じ、反復するか機会がなければそら身に付かない。

でも去年の私はそれを全て身に付けなければと思ったし、自分にプレッシャーをかけまくっていた。

雇用の継続は嬉しいのだが、何とも言えない。