休職から復帰した社会人の日記

ただの日記です。思ったことや、考えたことを書いていきます。

アトピー患者のためのサイトたち

すごく憂鬱な記事を投稿してしまったので、せめてアトピーについて参考になる、サイトをいくつかあげたい。

まず、アトピーになりかけの方々が、もしこのページを見たなら特に注意してほしい。残念ながらアトピーでググった場合に上位で出てくるサイトはほとんど役に立たない。

理由は単純で

1.アトピー患者を装った、もしくは完治、改善のしていない人によるアフィリエイトサイト、大体画像を拝借してるところは営利目的。(酷いところでは完治した人が複数のサイトを運営し、それぞれでアフィリエイトをしている場合もある、何が問題かって、他の療法でよくなった可能性もあるのに、それを意図的に隠してるところ、ちなみに金の糸を紹介してるとこ)

2.海外でもred skin syndromeとして散々副作用が報告され、被害者団体さえあるステロイドを安易にホイホイ処方する日本の皮膚科医のサイト、(ちなみに漢方薬の甘草はステロイドど同じ作用だから注意)

いやー、本当に残念なアトピー、皮膚科業界。

さて、役立つサイトを紹介する。

まずは有名な深谷氏のブログ
http://steroid-withdrawal.weebly.com/

日本の皮膚科医、アトピー性皮膚炎の日本における治療の推移、海外の現状などがわかる。アトピー患者必見。

次にアトピー患者となった元医師のブログ
http://www.mioworld.net/index.html

元皮膚科医でアトピー患者であった方のブログ。色々な皮膚科医が療法について語るが、元アトピー患者の元医師の言葉胸に来る。

次に元アトピー患者のブログ
https://profile.ameba.jp/ameba/naopyatopy
脱ステ、脱風呂、運動療法で治療。


http://kihoncho.com/
脱ステ、半日断食、下剤、半身浴、食事の徹底制限で治療。

https://ameblo.jp/daiki-nabewata/
転地療法で治療。

上記の3つのブログはいわゆる重症アトピーから事実上の完治まで至っているブログである。アトピー関連サイトではかなり意義の高いものだ。何より生きる希望を見いださせてくれる。

最後に、まだ軽度のアトピー患者の方の、私も最初は軽度でしたまさかこここまで人生を喰われるとは思いませんでした。

私のようにならないように気を付けてください。安易に皮膚科医を信じることに注意してください。皮膚科医は責任をとってくれません。